1. HOME
  2. 受験者状況
  3. 大学対抗戦チーム募集
受験者状況

大学対抗戦チーム募集

日本経済学教育協会では「EREミクロ・マクロ」のミクロ経済学・マクロ経済学の2科目を対象として、各大学の学生チームによる大学対抗戦を実施します。ゼミ・サークル単位でチャレンジし、日頃の努力の成果を大いに検証してください。

EREミクロ・マクロ 第27回「大学対抗戦」 2017年7月2日(日)

試験会場

原則、日本経済学教育協会が指定する全国12の本会場

受験地名 コード
札幌市 0101
仙台市 0401
福島市 0701
前橋高崎 1001
東京23区 1301
横浜市 1401
名古屋市 2301
京都市 2601
大阪北中 2701
広島市 3401
福岡市 4001
熊本市 4301

※試験会場および近隣への車・オートバイ・自転車での乗入れはできません。公共の交通機関をご利用ください。

参加資格

原則として、大学・大学院に所属する学生のゼミ・サークル等の団体で、1チームのエントリー数は 5名以上9名以内 とします。なお専修学校の生徒も参加できます。
同一大学・大学院から複数のサークル、同一サークルから複数のチームがエントリーすることもできます。
受験料は、ERE、EREミクロ・マクロと同額です。

対戦方法

  • 1. EREミクロ・マクロ(2科目)の受験成績で判定します。
  • 2. ERE(6科目)を受験した場合は、6科目のうち「ミクロ経済学・マクロ経済学」2科目の得点を抽出して判定します。
  • 3. 各チームの受験者5名〜9名中、成績の上位4名までの総合点で順位を決定します(上位4名までの総合点が同得点の場合は、チーム全員の平均点で判定します)。
  • 4. 受験者数が4名未満の場合は、棄権とみなします。

表彰

【優勝チーム】

賞状と記念品(受験者全員に3,000円の図書カード)を授与します。
副賞として「ダイヤモンド賞」を贈呈します。
※ダイヤモンド社より、『週刊ダイヤモンド』を優勝チーム受験者全員に3ヶ月間無料贈呈します。

【準優勝チーム】

賞状を授与します。
副賞として「経済セミナー賞」を贈呈します。
※日本評論社より、月刊誌『経済セミナー』を準優勝チーム受験者全員に6ヶ月間無料贈呈します。

【個人賞】

・Sランク取得者に、「Sランク賞」を贈呈します。
※日本経済新聞社より、『日経TEST受験券』と『やさしい日経経済用語辞典』(他の図書に変更となる場合があります。)1冊を無料贈呈します。

・個人成績上位5位までのかたに、「金融知力賞」を贈呈します。
※金融知力普及協会より、金融知力の初級通信講座『ベーシックコース』の受講票を無料贈呈します。

・個人成績上位10位までのかたに、「FP(ファイナンシャル・プランナーズ)賞」を贈呈します。
※NPO法人 日本FP協会より、会報誌『FPジャーナル』を6ヶ月間無料贈呈します。

参加方法

(1)チームごとに受験願書・受験料をとりまとめ、「大学対抗戦 受験申込書」にチーム名・申込担当者名等を明記のうえ、

1.「大学対抗戦 受験申込書」
2. 受験願書
3. 振込控(ATMの利用明細可)

の3点を一括して下記宛に送付してください。

〒162-0845 東京都新宿区市谷本村町3-21
日本経済学教育協会 大学対抗戦係宛

(2)「大学対抗戦 受験申込書」は必ず控えをとり、担当者が保管してください。

(3)受験料は、合計金額を下記口座に一括して振り込んでください。

みずほ銀行 神田支店
【普通預金口座】2008847
名義人: 特定非営利活動法人 日本経済学教育協会

大学対抗戦 受験申込書をダウンロード

締切日

一般応募の締切日と同日です。締切日の消印有効を厳守してください。

受験票と成績通知

受験願書に記載の住所宛にそれぞれ送付します。チームの成績は申込担当者宛に送付します。

情報公開

優勝・準優勝・第3位チームの成績結果(大学名・チーム名、総合点、平均点等)は、日本経済学教育協会のホームページ・広報誌などに公開いたします。
個人賞に該当された場合、大学名・学部・氏名、ランク等を日本経済学教育協会のホームページに公開する場合がありますが、本人の了解なしに公開することはありません。

このページの先頭へ