1. HOME
  2. 試験について
  3. 問題を解いてみよう
試験について

問題を解いてみよう

ミクロ経済学

【問1】需要の価格弾力性と支出金額の関係に関する記述のうち、正しいものはどれか。

  • 1. ある財の需要の価格弾力性が0.5のとき、その財の価格が上昇すると消費者の支出金額は増加する。
  • 2. ある財の需要の価格弾力性が2のとき、その財の価格が上昇すると消費者の支出金額は増加する。
  • 3. ある財の需要の価格弾力性が1のとき、その財の価格が上昇すると消費者の支出金額は増加する。
  • 4. ある財の需要の価格弾力性が1のとき、その財の価格が上昇すると消費者の支出金額は減少する。

(2004年 第6回 問2)
解答

マクロ経済学

【問2】国内総生産(GDP)を計算する際に、原則として考慮されないものは、次のうちどれか。

  • 1. 地価
  • 2. 家賃
  • 3. 配当金
  • 4. 利子所得

(2004年 第6回 問26)
解答

財政学

【問3】下記の記述のカッコ内に入る語句の組合わせとして、正しいものはどれか。
『財政投融資の原資等の調達のために発行される債券としては、(ア)、(イ)および政府保証債がある。このうち、(ア)は(ウ)の資金調達のために国(財務省)が発行する債券である。また、(イ)は特殊法人等が金融市場において個別に発行する、政府保証の付与されていない公募債券である。』

  (ア) (イ) (ウ)
1. 財投機関債 財投債 資金運用部
2. 財投債 財投機関債 資金運用部
3. 財投機関債 財投債 財政融資資金特別会計
4. 財投債 財投機関債 財政融資資金特別会計

(2004年 第6回 問54)
解答

金融論

【問4】BIS(国際決済銀行)が定める自己資本比率規制(いわゆるBIS規制)のもと、銀行が企業への貸出を減らして国債の保有を増やすと自己資本比率は、次のうちどうなるか。

  • 1. 上昇する
  • 2. 低下する
  • 3. 変わらない
  • 4. 企業の信用リスクによって上昇するか低下するかは分からない

(2004年 第6回 問63)
解答

国際経済

【問5】変動相場制の開放経済で貨幣量を増加させ、国内金利の低め誘導を行う金融政策をとった場合の効果に関する記述のうち、正しいものはどれか。

  • 1. 為替レートが円安になり、GDPが減少する。
  • 2. 為替レートが円高になり、GDPが増加する。
  • 3. 為替レートが円安になり、GDPが増加する。
  • 4. 為替レートが円高になり、GDPが減少する。

(2004年 第6回 問76)
解答

統計学

【問6】景気動向指数は、様々な経済活動での重要かつ景気に敏感な指標の動きを統合した指標であるが、景気局面を把握するディフュージョン・インデックス(DI)は平成15年12月(速報値)で先行指数:70.0%、一致指数:66.7%、遅行指数:66.7%となった。景気の一致指数として採用されていない指標はどれか。

  • 1. 完全失業率
  • 2. 鉱工業生産財出荷指数
  • 3. 所定外労働時間指数
  • 4. 有効求人倍率

(2004年 第6回 問85)
解答

このページの先頭へ